九州大学大学院薬学府・薬学研究院
機能分子解析学分野

Department of Bio-functional Science, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Kyushu University


What's new?
2014.12.9 第31回日本薬学会九州支部大会で井手さん(M2)が「優秀発表賞」を受賞しました。
2014.11.18 APES-IES-SEST 2014で白水君(M2)が「SEST Student Award」を、松岡君(D2)が「SEST Excellent Presentation Award」を、山﨑君(学術研究員)が「APES2014 Young Scientist Award」を受賞しました。
2014.10.24 業績を更新しました。
2014. 6.20 トン君(D3)が九州大学 QRECアカデミックチャレンジ2014研究助成に採択されました。
2014. 6.20 トン君(D3)が通訳支援員のボランティア活動に対して感謝状を授与されました。
2014. 5.17 写真を更新しました。
2014. 5.17 トン君(D3)と松岡君(D2)が日本薬学会第134年会で「優秀発表賞」を受賞しました。
2014. 4. 7 メンバーを更新しました。
2014. 3.30 写真を更新しました。
2013.12.10 山崎君(学術研究員)が第30回日本薬学会九州支部大会で「優秀発表賞」を受賞しました。
2013.12.10 安川圭司助教が第52回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2013)SEST奨励賞」を受賞しました。
2013.10. 2 山田健一准教授の研究課題がJST戦略的創造研究推進事業「さきがけ」に採択されました。
2013. 5.21 業績を更新しました。
2013. 5.13 業績を更新しました。Asian. J. Org. Chem. のFeatured Articles & Inside Coverに選ばれました。
2013. 5. 9 写真を更新しました。
2013. 4.18 DOJIN News No.146 (Topics on Chemistry)に記事が掲載されました。
2013. 4.16 第17回ESRフォーラム研究会のホームページを追加しました。
2013. 4.16 メンバーを更新しました。
2013. 4.16 松岡君(M2(現D1))が日本薬学会 第133年会で「優秀発表賞」を受賞しました。
2013. 3.14 業績を更新しました。
2013. 1.10 業績を更新しました。
2012.11. 5 山崎君(学術研究員)が第51回電子スピンサイエンス学会年会(SEST2012)で「優秀発表賞」を受賞しました。
2012.10. 5 業績を更新しました。
2012. 9.27 写真を更新しました。
2012. 9.25 業績を更新しました。
2012. 9.19 業績を更新しました。
2012. 7.26 安川助教が第12回日本NO学会学術集会で「Young Investigator Awardを受賞しました。
2012. 7.10 松岡君(M2)が九州大学 QREC第5回 アカデミックチャレンジ2012研究助成に採択されました。
2012. 5.10 写真を更新しました。
2012. 4.24 松岡君(M2)が日本薬学会 第132年会で「学生優秀発表賞」を受賞しました。
2012. 4.23 山田准教授が公益財団法人長瀬科学技術振興財団の「長瀬研究振興賞」を受賞しました。
2012. 4. 4 メンバーを更新しました。
2012. 3.19 松岡君(M1)が日本薬学会 第132年会で「報道機関向け講演ハイライト」に選ばれました。
2011.12.12 松岡君(M1)が第28回 日本薬学会九州支部大会で「優秀発表賞」を受賞しました。
2011.10. 4 業績を更新しました。
2011. 9.10 写真を更新しました。
2011. 9. 5 Free Radic Resに論文が掲載されました。
2011. 9. 5 安川助教、山崎(D3)が5th SFRR-Asia/8th ASMRM/11th J-mit 2011Young Investigator Award」を受賞しました。
水戸(D2)がSFRR Japan 2011の「Young Investigator Award」を受賞しました。
2011. 8. 31~9. 4 山田准教授、安川助教、山崎(D3)、水戸(D2)、佐藤(M2)が鹿児島で行われた国際学会(5th SFRR-Asia/8th ASMRM/11th J-mit 2011 (Kagoshima Congress 2011))に参加しました。→写真
2011. 8. 23~24 講座旅行に行ってきました。→写真
2011. 8. 18 Mol Cell Biochem論文が掲載されました。
2011. 8. 17 Neurochem Int論文が掲載されました。
2011. 7. 7 Free Radic Resに論文が掲載されました。
2011. 5.23 NeuroImageに論文が掲載されました。
2011. 5.12 Hypertens Resに論文が掲載されました。
2011. 4.26 写真を更新しました。
2011. 4.18 J Org Chemに論文が掲載されました。
2011. 4.15 Schizophr Res論文が掲載されました
2011. 4. 1 メンバーを更新しました。
2011. 3.25 Chem Commun (Camb)に論文が掲載されました。
2011. 3.22 山崎(D2)、水戸(D1)、北川(M1)が日本薬学会 第131年会で「講演ハイライト」に採択されました。
2011. 1.21 山田准教授がFRCM国際学会で「Young Investigator Award」を受賞しました。
2010.11.20 安川助教が第15回SFRR International国際学会において「SFRR Japan YIA」を受賞しました。
2010. 6.25 山田准教授が第63回日本酸化ストレス学会学術集会で「学術奨励賞」を受賞しました。
2010. 4.22 ホームページリニューアル


最新の業績
Journal Title
Free Radic. Biol. Med. Involvement of nitric oxide with activation of Toll-like receptor 4 signaling in mice with dextran sodium sulfate-induced colitis. (2014 Sep [Epub 2014 Jun 30)
   
Neurosci. Lett. Novel ascorbic acid-resistive nitroxide in a lipid emulsion: An efficient brain imaging contrast agent for MRI of small rodents. (2013 May 2 [Epub ahead of print])
   
Asian J. Org. Chem. Featured Articles & Inside Cover: Redox Potential of Nitroxides is an Index to Evaluate Superoxide Dismutase Mimic Activity.(2013 Mar 7 [Epub ahead of print], 2013 May 10)
   
Neuromolecular Med. A Disruption Mechanism of the Molecular Clock in a MPTP Mouse Model of Parkinson's Disease.(2013 Jun 15)
   
Free Radic. Biol. Med. Rapid and convenient detection of ascorbic acid using a fluorescent nitroxide switch.(2012 Dec 1)
   
Free Radic. Res. The detrimental effect of nitric oxide on tissue is associated with infl ammatory events in the vascular endothelium and neutrophils in mice with dextran sodium sulfate-induced colitis.(2012 Dec)
   
Nitroxides - Theory, Experiment and Applications (Book) Synthesis and Utilization of α-Substituted Nitroxides.(Book Chapter)(12 Sep, 2012. [Published online])
   
Appl. Magn. Reson. Permeability Studies of Redox-Sensitive Nitroxyl Spin Probes Through Lipid Membranes Using an L-Band ESR Spectrometer. (2012 Aug 2)
   
Free Radic. Biol. Med. Whole-body kinetic image of a redox probe in mice using Overhauser-enhanced MRI. (2012 July 5)
   
Free Radic. Biol. Med. Nitroxides prevent exacerbation of indomethacin-induced gastric damage in adjuvant arthritis rats.(2011 Nov 1)
Free Radic. Res. A novel ascorbic acid-resistive nitroxide in fat emulsion is an efficient brain imaging probe for in vivo EPR imaging of mouse.(2011 Nov)
Mol. Cell Biochem. High-fat diet-induced obesity and insulin resistance were ameliorated via enhanced fecal bile acid excretion in tumor necrosis factor-alpha receptor knockout mice.(2012 Jan)
Neurochem. Int. Overhauser-enhanced magnetic resonance imaging characterization of mitochondria functional changes in the 6-hydroxydopamine rat model.(2011 Nov)
Free Radic. Res. Oxygen cconcentration dependence of lipid peroxidation and lipid-derived radical generation: Application of profluorescent nitroxide switch.(2011 July 7)
NeuroImage In vivo imaging of mitochondrial function in methamphetamine-treated rats.(2011 Aug 1)
Hypertens. Res. Nifedipine treatment reduces brain damage after transient focal ischemia, possibly through its antioxidative effects.(2011 Jul)
J. Org. Chem. Structural concept of nitroxide as a lipid peroxidation inhibitor.(2011 May 20)
Schizophr. Res. Aripiprazole inhibits superoxide generation from phorbol-myristate-acetate (PMA)-stimulated microglia in vitro: implication for antioxidative psychotropic actions via microglia.(2011 Apr 15)
   
Chem. Commun. (Camb). Monitoring the aggregation processes of amyloid-β using a spin-labeled, fluorescent nitroxyl radical.(2011 May 7)
J. Org. Chem. Structure−reactivity relationship of piperidine nitroxide: electrochemical, ESR and computational studies.(2011 Jan 21)


大学院生募集
  • 当研究室の研究内容について、詳しく知りたい方は、遠慮せずに、是非メールを下さい。また、研究室見学(随時可能)のご相談・ご質問等も随時受け付けています。御気軽にお尋ねください。


    連絡先:山田健一

    e-mail: kenyamada(at)phar.kyushu-u.ac.jp

     

    大学院入試関連情報:

    九州大学薬学部ホームページ http://www.phar.kyushu-u.ac.jp/




連絡先
〒812-8582
福岡県福岡市東区馬出3-1-1
九州大学大学院薬学研究院 機能分子解析学分野
TEL: 092-642-6622
FAX: 092-642-6626

薬学部2号館(向かって右側)1階にあります。
メールアドレスはこちら→メンバー



 Copyright © 2010- Dept. Bio-func. Sci., Grad. Sch. Pharm. Sci., Kyushu University. All Rights Reserved.